0120-911-610 

電話受付時間
平日 9:45〜17:30

今日からできるSEO対策・ページ改善

今日からできるSEO対策・ページ改善

皆さんは、よく営業などで「SEO対策しませんか?」「ページを改善して反響を最大化しませんか?」などの営業電話を受けたことはありませんか?今でこそSNSやアプリからの流入などの検索数が増えてきて依存度は多少低くなってますが、SEO対策は依然として集客における重要な手段の一つです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで何か調べものをする時に、検索画面の1ページ目に出てくる情報だけで完結するユーザーは全体の9割にのぼります。そのため、2ページ目以降に表示されていてはユーザーにはほとんど認知されません。まずは、検索結果画面の上位にページが表示されることが重要となります。

では、ユーザーをページに誘導できたとして、流入したあとのページが見にくい場合はどういう行動をとるか考えてみましょう。そのページにはそれほど興味を示さず、他のページを探して情報を得ようとすると思います。そういったことを防ぐためにも、ページを見やすい状態に保つ、最新の情報があれば更新する等の作業は極めて重要なことです。
こういった点から「ページ改善」も重要なことがわかっていただけると思います。

「集客=SEO対策」「集客した後のページ=ページ改善」どちらも大事ということですね。

集客を安定して獲得するための重要な要素とは?

どんなに良いページを作っていても、そのページが自然検索で上位に表示されてない場合、有料広告などで上位表示させるしか、そのページを知ってもらう方法がありません。ただ、有料検索で集客を継続的にすることも現実的には難しいと思います。下記は、「SEO対策」をする場合の一番重要な要素の一つです。

・メタタグのタイトルを見直す(自然検索をした際に、青文字でクリックできるようになっている箇所の文章)
・メタディスクリプションを見直す(青文字でクリックできる場所の下に表示される文章)
 
以上を各ページに記述することが重要で、これをすることでそのページに何が書いてあるかGoogleに認識させやすくします。
・ページの表示速度を早くさせる
※ページのサイトスピード検索サイト:https://pagespeed.web.dev/

上記を対策後、そのHP内のどこにどんな情報が掲載されてるか「メニューバー」などを設置して直感的な行動をとりやすくするなど、ページの利便性を上げることも「SEO対策」の一環になります。

ページ改善に終わりはない

常に新しい情報をページに反映して更新していかなければSEO対策も虚しく、順位は徐々に下がっていきます。更新頻度も重要な指標となります。最近のHPでは「CMS」を導入して、各コンテンツの最新情報をあまり知識のない方でも簡単に更新できるような仕様になっていることが多いです。
※専門知識なしでWebページの更新・追加が簡単にできるシステム(Wordpress、WIX等)

サイトは流行り廃りがあり、その時々でユーザーが見慣れているレイアウトやデザインも変わってきます。ですので、半永久的に「ページ改善」は必要です。もし未だCMSを実装してないサイトをお持ちの場合は、サイトをリニューアルするタイミング等で導入を検討してみてはいかがでしょうか。

一つの目安として、サイトの部分的なリニューアルは1~2年に一回、大規模リニューアルは5年に一回くらいを基準にすると、見た目やページの利便性で大きく他のページと差をつけられることはないといわれています。当社の自社運用支援では、基本的なサイトのタグがしっかり入ってるか、サイトの利便性が高く保たれているか等の項目についてもレクチャーさせていただきます。何かお困りごとがある際には ご連絡をいただけると幸いです。

今回の記事に関連した
商品・サービスをご紹介

WEB広告"自社運用"支援サービス

たった半年間でWeb広告運用の費用対効果が最大化! 実務的な広告運用のレクチャーと完全オーダーメイドの支援で 貴社の運用担当者を一人前に育成します。 まずはお気軽にご相談ください!

詳細はこちらから
カテゴリーWEBマーケティング
タグ

PAGETOP