0120-911-610 

電話受付時間
平日 9:45〜17:30

インサイドセールス トークスクリプトの作り方【受付突破の極意】

受付を突破できなければ何も始まらない

昨今、テレアポを実施する会社は以前より増加傾向にあるようです。 テレアポの際に重要になってくるのは架電に使用するトークスクリプトです。トークスクリプトをしっかりと時間をかけて作れているかどうかがアポ率の上昇に繋がります。 そのうえで、商品・サービスの理解と、その内容を簡潔に伝える力が重要になります。

しかし、実際に架電をしてみると、商品・サービスの良さ・メリットを伝える前に受付の方にブロックされてしまい、担当の方とお話しすることができずに諦めなければいけないという悔しい経験をされたことはないでしょうか。 ここで大切になってくるのは受付突破です。

今回はトークスクリプトを作成するうえでの受付突破の極意をお伝えいたします。

インサイドセールス受付突破の極意

トークスクリプト作成の際に使える、受付突破に効果的なワードの一例をご紹介します。

・「いつもお世話になっております。」
最初に「いつも」というワードを伝えることで、受け手は「以前からお付き合いのある取引先なのかな?」と判断し、すぐに担当者に繋いでいただけるケースがあります。

・「担当者が変わりましたので」
担当が変わったので挨拶をしたい旨を伝えると、営業と受け取られにくく担当者に繋がりやすいです。

・受付では判断できないようなワードを使う
受付担当者では判断できないワードや内容を伝えることで、「これは重要そうな内容だから取り次がなければいけない」と判断され、担当者に繋がりやすくなります。

受付突破のスクリプトを作成する際は上記のような効果的なフレーズを盛り込みましょう。 また、コールを進める中で、受付の反応や対応をみながらトークスクリプトを見直してブラッシュアップすることも大切です。そうすることで担当者とお話しできる回数やアポ率が上昇していくのです。 当社では、モニタリング会という場を設けてトークスクリプトの修正をおこなっています。

モニタリング会の実施

作成したトークスクリプトを使用して架電を進めていき、その音源をコールメンバーで共有します。これを社内ではモニタリング会と呼んでいます。

架電を進めていく中で、受付の方に刺さったと感じたワードや受付突破に有効な話し方を共有し、トークスクリプトを修正していきます。これらを繰り返し、架電で最大限の効果を発揮する精度の高いトークスクリプトを作り上げています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。トークスクリプトはテレアポを実施するうえでとても大切なものです。アポ率とアポの質を上げるためにはトークスクリプトを作り込むことが重要です。 今回は受付突破の極意をお伝えしましたが、他の極意もお伝えできればと思います。楽しみにしていてください。

今回の記事に関連した
商品・サービスをご紹介

営業マンのテレアポ、 船井総研グループが代行します!
「テレアポ・営業代行コール」

コンサルティング会社のコール部門として培った知見とノウハウを駆使し、受注確度の高い商談機会を創出。 訪問アポ取り・セミナー集客・調査・過去客掘り起しなど幅広い分野でのコール対応が可能。
全業種対応、BtoCもお受けいたします!

詳細はこちらから
PAGETOP